尋常性乾癬の薬物療法での副作用について

尋常性乾癬は病院で治療をする事ができます。

・尋常性乾癬の治療について

尋常性乾癬は病院で治療をする事ができます。

治療法は症状により異なりますが、主に薬物療法(内服薬・外用薬)と光線療法で対処します。

薬物療法については、症状により内服薬のみの場合と、外用薬のみの場合がありますが、療法を併用する事もあります。

薬の種類もいくつかありますが、外用薬ではステロイドを使用します。

ステロイドにあまり良いイメージを持たない人も多いのですが、ステロイドにも種類があるので効き目が強力なものから、弱いものまで症状によって種類を選びます。

内服薬は免疫抑制薬やビタミン剤を使います。

・薬の副作用について

尋常性乾癬の治療に薬物療法を選ぶ場合は、副作用が出る事があります。

これは尋常性乾癬の治療に限らず、薬を使う以上は何らかの副作用があるので、事前に副作用について知っておくと安心です。

例えば外用薬の場合は、普段は平気でもお酒を飲み体温が上昇したとき、皮膚が赤くなる、ピリピリするという副作用が起きる事があります。

内服薬の場合は、高血圧や心不全のリスクが高まるなどがあります。

・まとめ

ただし副作用は人により症状の出方が異なります。

必ずそうなるというわけではありませんが、服用する場合は何らかの副作用がある事を理解し、医師の指示通り正しく服用します。

もしもなにかの副作用が出た場合は、自分でなんとかしようとせず、すぐ医師に相談する事が大切です。

Comments are closed.

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.