尋常性乾癬と免疫との関係について

尋常性乾癬は単なる皮膚病と思われがちですが、実際には免疫や自律神経・ストレスなどに関わる疾患です。

【こちらもチェック!】・・・5つのタイプ…難病「乾癬」を見極める3つのポイント

・尋常性乾癬と免疫の関係

尋常性乾癬は人により症状が異なりますが、全身に発疹が出ると本人も辛いですし、見た目もあまりよくない事から、人に見られる事でどう思われるかなどを考えるだけで、さらにストレスがかかり、症状を悪化させる事があります。

ストレスは自律神経のバランスを崩し、免疫力を低下させるため、余計に症状が悪化するという悪循環に陥りやすくなります。

尋常性乾癬は、免疫やホルモンバランス、自律神経が大きく関係しているので、免疫力がポイントとなります。

・免疫力を高める生活

免疫力が下がっていると、皮膚に炎症を起こしたとき、ダメージが大きくなり、症状が悪化しやすく回復にも時間がかかります。

自己免疫力が高ければ、炎症にもある程度は対処できますし、肌のバリア機能をサポートできるので、免疫力を高める工夫をしてみましょう。

これには規則正しい生活や食事から摂る栄養なども重要です。

不規則になりがちな人は、規則正しい生活リズムを意識してみましょう。

・まとめ

尋常性乾癬は生活環境も要因の一つと考えられています。

悪い生活習慣は、尋常性乾癬以外にも様々な病気のリスクを高めてしまいます。

他の病気が原因で尋常性乾癬を発症する事もありますが、その場合はまず病気の治療を優先します。

病気に負けない強い体つくりを意識しつつ、生活習慣や環境、食事のみ直しなど幅広く対処していく事が大切です。

Comments are closed.

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.